復縁も叶う!新月の願い事のおまじない、正しい方法は?

皆さんは、「新月の願い事」というものを、ご存じですか?
実は、新月には知られざるパワーが宿っており、新月に願い事をすれば、さまざまな願いが叶うというのです。

その、叶う願い事の中には、なんと、恋愛や、復縁も……。
新月って一体どんなパワーがあるの?
願い事の正しい方法とは?
新月の願い事について、まとめました。

スポンサーリンク

新月の時間をチェック!期限を守って正しく願い事を


出典:matome.naver.jp

新月に関わらず、月には不思議な力があるもの。
古代から、人はそのパワーを知り、さまざまな願いを月にかけてきました。
月は満ちたり、欠けたり、いろいろな表情を見せてくれますが、中でも願い事を叶えるパワーが強いのが、新月です。

新月のときは、月は全く見えなくなってしまいます。
しかし、それはつまり、「これから満ちていく」ためのパワーを最大限に充填している、まさにそのときなのです。

今から、新月の願い事の方法をご紹介しますが、大切なことを覚えておいてください。
それは、「新月の時間をチェックし、その時間から48時間以内に、願い事を行う」ということです。
「今夜が新月だから……」という、適当な認識ではいけません。

なぜなら、新月になるピッタリの時刻というのは、決まっているわけではなく毎回違います。
夜とは限らず、昼間になることもあります。
もし、その日22時に新月になるのに、「今夜は新月」と思っていたがために、21時から願い事を始めてしまったとします。

すると、その時まだ新月になっていませんので、逆に月のパワーが最もダウンする一瞬を狙って、願い事をしてしまうということに。もちろん、願い事が叶う可能性も、これではほぼゼロでしょう。
くれぐれも、新月の時間を調査し、「そこから48時間」の鉄則を守ることを、お忘れ無く。

ちなみに、最も新月のパワーを受けることができるのは、新月になった瞬間から8時間の間です。48時間という時間帯の中でも、最もパワーの強い時間に……と思うのでしたら、新月から8時間のあいだに願い事を実行しましょうね。

願い事は「肯定形」で!〇〇しますように、はNG


出典:matome.naver.jp

新月の時刻が訪れたことを確認したら、あなたの願い事を白い紙に書きましょう。願い事の数は、多くて10個以内。少ないぶんには問題はありません。白い紙に、箇条書きにしていきます。

このとき、気をつけたいことは、願い事の書き方です。
例えば、元彼と復縁をしたいとき、まだ「復縁したいなあ」と願っている段階なら、うっかり、「元カレさんと復縁できますように」と書いてしまいそうですよね。でも、これはNG!
この場合は、

「元カレさんと復縁し、幸せなお付き合いをしています」

など、既に願いが叶った後の、過去形の出来事として書くのがポイントなのです。
もちろん、復縁の場合だけではなく、「〇〇大学に合格し、一所懸命勉強しています」でも良いですし、「〇〇に就職し、皆さんと仲よく仕事をしています」でも良いですよ。

このほかにも、ネガティブな言葉を入れて書いたり、他人を否定するような書き方をする願いは叶うことがありません。
例えば、「〇〇さんが試験に失敗する」「〇〇さんが失恋する」など、他人の不運を願うようなことを書いても、あなたの願いは叶うことはないでしょう。
場合によっては、これはマイナスのエネルギーを増幅させてしまい、あなた自身の運気を下げる原因となりますので、試すこともおすすめできません。

スポンサーリンク

継続は力なり。毎月習慣化しましょう


出典:matome.naver.jp

新月は1ヶ月に1度、やってくるものです。
気が向いたから1度だけお願いをして、次の月はもうおしまい……ということをしていると、いかな新月でも願い事はなかなか叶いません。

ぜひ、1ヶ月に1度の習慣として、新月の願い事を行うようにしてください。
前の月の願い事がまだ叶っていないようなら、同じ願いをもう一度書きましょう。
実際、新月の願い事が叶った!
という方の中には、3ヶ月4ヶ月と同じ願い事を真摯に願い、現実のものとした人が多いのです。
むしろ、1度願っただけでは叶わないと思い、毎月なにかお願いをすると、願いが叶いやすくなると考えましょう。

願いが叶ったら御礼をしましょう


出典:matome.naver.jp

お願いがよく叶うと言われている、新月の願い事。願い事が叶ったのなら、次の新月に必ず御礼をしましょう。
といっても、やり方は簡単で、新月の時間がやってきたら、手を合わせて「ありがとうございます」と言うだけのことです。
御礼をしてから、次の願い事をしましょうね。

願い事を書いた紙はどうする?


出典:matome.naver.jp

願い事を書いた紙やノートは、大切にしまっておいても良いですが、もしも処分するときには、ただゴミ箱に捨てるのはおすすめできません。

一番良いのは、お正月のお焚きあげや、どんど焼きといったものに持って行って、炎で浄化すること。
または、ごみに捨てるというときには屋外で塩を振り、それからごみに出すと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
新月の願い事は、実際繰り返し行って、目標や夢を叶えたという方もたくさんいらっしゃいます。
次の新月を調べて、是非実行してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

マナ
とあるサイトで占い師として活動しているマナです。
3年前まで対面占いをメインとしていましたが、環境の変化により活動の場所を電話占い、メール占いへ移しました。

コラム

Posted by マナ


PAGE TOP